結婚

愛を誓う儀式|結婚指輪は夫婦をつなぐアイテム

事前の準備が大切

女性

これからも大事な贈り物

映画などの一場面で男性がプロポーズする際に手渡すものが婚約指輪となります。結婚した後に着ける結婚指輪とはまた異なることに注意が必要です。婚約指輪とは、プロポーズの際に女性のみが着ける指輪となります。給料の3か月分がその価格の標準と言われていますが、これは何も気にしなくて良い基準です。それよりも安いものであっても、高いものであっても構いません。つまりは、相手への心のこもった贈り物であれば良いのです。この婚約指輪を贈るという習慣はすっかり現代に根付くようになりました。相手の方も贈られることを望んでいるはずです。女性にとっては一つの夢でもあるので、男性はそれを叶えてあげましょう。結婚する前からこうした指輪というものは重要な要素となるのです。

刻印には時間がかかる

婚約指輪を購入する際には刻印をすることになるかもしれません。相手や自分の名前を指輪の内側に掘り込むということは一つの儀式的な行為なので、より繋がりを強くする効果があります。ですがそれには注意が必要です。刻印と言う作業はとても繊細で技術を要するものです。そのため、作業が完了するまでは数週間を必要とするかもしれません。特に結婚式として選ばれるジューンブライドの季節では刻印の予約も立て込む恐れがあります。婚約指輪を購入し、刻印を入れる場合は早めに行動することが肝心です。折角の記念になる買い物なので、こうした点で失敗することは避けなければいけません。目を付けた宝石店の予約状況を把握しておくのも良いでしょう。